安心の学費

学費例

●中学校新卒者の例 (平成30年4月1日現在)

1年次 2年次 3年次
29単位修得の場合 25単位修得の場合 20単位修得の場合
入学金 50,000円
授業料 174,000円(29単位×6,000円) 150,000円(25単位×6,000円) 120,000円(20単位×6,000円)
施設費 35,000円 35,000円 35,000円
管理費 49,000円 49,000円 49,000円
東京校諸経費及び保険料 34,000円 34,000円 34,000円
保険料及び本校通信費 3,000円 3,000円 3,000円
合計 345,000円 271,000円 241,000円

学費は必要最低限に設定いたしております。保護者会費として10,000円(3年分)別途ご負担いただきます。教科書代は実費、年間約7,000円です。
学習スタイル(スクーリング登校)は、一人ひとり異なりますが、例えば週3日登校の場合も毎日登校の場合も学費は同じです。学費の納入方法は、原則として年額を一括とさせて頂いておりますが、ご相談に応じます。

※日本学生支援機構(旧日本育英会)等の奨学金制度の利用もできます。

授業料の支援金について

高等学校等就学支援金制度(文部科学省)により支給されます。公立とは異なり、一旦学費を納めて頂きますが、学年末に、授業料の一部が返金される制度です。
返金額は個々に異なりますが、原則として、1単位6,000円のうち4,812円です。(中学校新卒者1年次29単位修得の場合、返金額は、139,548円となります)2年次、3年次よりの編入・転入の場合も同様です。

晃陽学園・東京校の学費の安い理由(わけ)

晃陽学園・東京校は、1年間の学費を安く設定しています。この学費には理由があります。「自分で働きながら、高校に通いたい」「親にあまり負担をかけたくない」そんな皆さんの気持ちを大事にしたい!との思いからこのように設定しました。ただし、その他学びたい教科・学習スタイルで、その他の費用が必要になることもありますが、最低限このような学費で勉強をつづけていけば卒業できるようにしています。実際に晃陽学園 東京校では自分のやりたいことにチャレンジしながら、また働きながら、忙しい合間をぬって勉強している生徒さんがたくさんいます。

晃陽学園・東京校は、そんな皆さんに学ぶ喜びを感じて欲しいと考えています。「高校を卒業するのがむずかしいかな?」「やっぱり、高校は卒業した方がイイカナ…」と感じることがあったら、気軽に相談してみてください。もしかしたら良い方法が見つかるかもしれません。

まずは、相談してみてください!

入学相談ダイヤル
TEL. 03-6915-1129

質問・お問い合わせはこちら